鍼灸治療の適応症について
 適応症・よく診る症状・病状
運動器(関節や筋肉)の病気や症状 − 腰痛症、頸肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、関節症など
末梢神経の病気や症状 − いわゆる神経痛がその代表です
自律神経系やホルモン系の不調に由来すると考えられる不定愁訴や半健康状態、不調状態
 − 内科領域では、胃腸の不調、高血圧症・低血圧症や肝・腎機能障害などに伴う不調状態など
 − 婦人科領域では、更年期障害や月経困難症など
 − 耳鼻科領域では、耳鳴やめまいなど
 − 眼科領域では、眼精疲労など 
 日本の医療行政が健康保険の適用を公認している適応症  
腰痛症、五十肩、神経痛、リウマチ、頸肩腕症候群、頸椎捻挫後遺症(いわゆるムチ打ち症)など六つの病名または症状名に対してのみ、一般医療の代替策として制限付きで療養費の給付を認めています
 WHO(世界保健機構)のガイドライン → 参照
少し古いガイドラインですが、世界的に権威のある機関の「お墨付き」です。
 NIH(米国国立衛生研究所)の声明 → 参照
米国の厚生行政機関が代替(だいたい)医療の一翼を担うものとして、鍼灸治療を捉えた公式声明
 BMA(英国医師会)の報告書 → 参照
英国の医師会の科学委員会が、鍼治療を健康増進プログラムに含めるべきだと政策当局や保険者に対して提言した報告